紀要論文 English education and social activism in Japan : The Nagashima project and English translation as praxis

TANAKA, Kathryn  ,  SHERIDAN, Robert  ,  TAMUTA, Tomohisa  ,  OZAKI, Koji  ,  SHIKATA, Yoshiaki  ,  キャサリン, タナカ  ,  ロバート, シェリダン  ,  朋久, 田村  ,  耕司, 尾崎  ,  啓暉, 四方

2pp.39 - 57 , 2016-03-31 , 大手前大学国際教育インスティテュート
ISSN:2189-3462
内容記述
本論は、大学生自身が社会運動への参加を通して得られる学びと大学における教育の関連性について論じる。そして、長島愛生園で行ったサービス・ラーニング・プロジェクトがどのように行われ目的達成を納めたのかを実証する。このプロジェクトは、大学で学んだ英語を駆使して実際に翻訳ができる場となり、地域社会への奉仕の大切さを経験できる場となった。本論では、プロジェクトを実施するにあたっての苦労、成功したこと、そして、教育的価値を加えた教訓を報告する。長島プロジェクトは、問題解決能力の構築と批判的思考能力に加え、チームワーク育成に役立つものである。学生たちは、長島愛生園が日本初の国立ハンセン病療養所としてユネスコ世界遺産に登録されるための一役となり、英語を話す人たちがもっと長島を訪れ、その歴史と世界的な重要性を学べるように、パンフレットやツアー解説の英訳をおこなった。
This paper aims to demonstrate the relevance of educating university students through direct participation in projects promoting social activism and documents how a service-learning project to Nagashima Aisei-en set and successfully achieved goals. This project provided authentic opportunities for students in translation and community service and this paper reports the difficulties, successes and lessons learned - in addition to the moral and educational merits. The visit to Nagashima was instrumental in building problem solving, and critical thinking skills in addition to developing teamwork. Futhermore, students assisted Nagashima Aisei-en, Japan's first national Hansen's disease hospital, in their mission to gain UNESCO World Heritage Site Status through the translation of documents and brochures into English, encouraging English speakers to visit Nagashima and learn of its history, relenvance and global importance.
本文を読む

https://otemae.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1147&item_no=1&attribute_id=22&file_no=4

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報