紀要論文 Service-learning in the Philippines : A short-term project for university collaboration

ANDO, Shirley  ,  SHERIDAN, Robert  ,  MORI, Noriko  ,  TANAKA, Kathryn  ,  シャーリー, アンドウ  ,  ロバート, シェリダン  ,  典子, 森  ,  キャサリン, タナカ

2pp.21 - 38 , 2016-03-31 , 大手前大学国際教育インスティテュート
ISSN:2189-3462
内容記述
大手前大学(OU)国際教育機関(IIE)は、2015年度フィリピンで短期サービスラーニングを行った。それは、フィリピン大学セブ校と交わした学術協定に基づき始動したものである。このプロジェクトは、双方大学の学生と教員の共同学習(Cook-Sather et al, 2014)となるだけでなく、すでに確立されたものの見方から自分自身に対する批判的な質問へと促すトランスフォーメーションとなる。(Mezirow,1991) 本論では、フィリピンでサービス・ラーニングを行うにあたりどのように計画し成し遂げたのかを述べる。さらに、有益だった点、見直すべき点を検証し、本学でのサービス・ラーニングのコース設計とカリキュラムを提言する。
Otemae University (OU) and the Institute of International Education (IIE) implemented a service-learning short-term project in the Philippins in 2015. The initial purpose was to activate a recently established memorandum of agreement (MOA) of academic cooperation with the University of the Philippines Cebu (UPC). The project, however, became the source of not only collaborative learning (Cook-Sather et al, 2014) between the students and teachers of both universities but also of "transformations" wherein established perspectives are challenged requiring a critical questioning of self (Mezirow,1991). This paper describes how the service-learning project in the Philippines was organized and conducted. It also examines its weaknesses and strengths in order to improve future service-learning projects and to advocate for service-learning course.
本文を読む

https://otemae.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1146&item_no=1&attribute_id=22&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報