紀要論文 Developing reciprocity, intercultural communicative competence, and content learning through international service learning

VILBER, Aurelio  ,  MALAQUE, Cherry  ,  MONSANTO, Kayumangi  ,  GUMALAL, Jeraline  ,  Lou ALLEGO, Ivan  ,  オレリオ, ビルバー  ,  チェリー, マラケー  ,  カユマンギ, マンサント  ,  シェラリン, グムラン  ,  アイバン, ルー・アルゴ

2pp.7 - 20 , 2016-03-31 , 大手前大学国際教育インスティテュート
ISSN:2189-3462
内容記述
2015年に大手前大学とフィリピン大学附属セブ高校は、共同でインターナショナル・サービスラーニングプログラムを実施した。その目的は、大手前大学(学生7名、教員3名)と受け入れ側のセブ高校(生徒40名、教員4名)双方の英語コミュニケーション能力、異文化適応能力、学習内容の理解力の向上と設定した。大手前の学生は2週間に渡る、日本の美術・文化をテーマとしたワークショップを提供し、セブ高校生は、生徒として活発にこのプログラムに参加した。Ash&Clayton(2009)とKendall(1990)によるサービスラーニングの学習モデルを使用して、本論文では今回の研修体験が受け入れ側のセブ校生の学習理解、異文化理解及び適応力にどのようなインパクトを与えたのか、についての調査結果に言及している。調査ではセブ校生の研修での反応や参加行動を質的(クオリティ)メソッドを使って計測を行った。その結果としては、(1)双方向の学び(2)双方の共同対話作業(3)セブ校生の日本の美術や文化理解等を挙げることができる。調査研究の結果、この取り組みを継続して行うことが大切であること、しかし同時に日本とフィリピンの間における異文化理解、交流の更なる向上を目指す学習活動やトレーニングの必要性が急務だということがわかった。また、将来的により効果的な研修を行うために、今回とは異なった時期にプログラムを設定してみることも提案したいと考えている。
The language education of Otemae University(OU) Japan and the University of the Philippines Cebu High School(UPCHS) conducted an international service learning(ISL) program in Cebu, Philippines, in 2015. It aimed to develop the English communication skills, intercultural competence, and content learning of both service learners(7 OU students and 3 professors) and community partners(40 UPCHS students with 4 professors). The OU students conducted a two-week Japanese arts and culture workshop to UPCHS students, while the latter became their students and activity partners. Adapting the service learning frameworks of Ash and Clayton (2009) and Kendall (1990), this paper assessed the impact of ISL on the community partners' content learning, intercultural competence and receptivity. It used qualitative method in analyzing the community partners' reflection and participatory action research to determine the impact. Findings show that the ISL promoted (1) reciprocity ; (2) collaborative inquiry between the universities ; and (3) learning of Japanese arts and culture among the partners. The study recommends to continue but improve the ISL by providing both universities training on Japanese-Filipino intercultural understanding to promote a more efficient partnership and to consider the different academic calendars of both countries in planning.
本文を読む

https://otemae.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1145&item_no=1&attribute_id=22&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報