紀要論文 インスタントラーメン発明記念館についての一考察
A few thoughts on the Momofuku Ando instant ramen museum

塩田, 昌弘  ,  Masahiro, SHIOTA

16pp.55 - 74 , 2016-03-31 , 大手前大学
ISSN:1882644x
NII書誌ID(NCID):AA12325438
内容記述
公益財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団は、二つの意義あるミュージアムを持っている。それは、日清食品の創業者、安藤百福の意思を具現化したものである。一つは、池田市にあるインスタントラーメン発明記念館であり、あと一つは、横浜市にある安藤百福発明記念館である。両者に共通するものは、人間の創造力を通して、発明・発見のヒントを来館者に提示して、来館者に発明・発見の萌芽を涵養させようとする点にある。この二つの体験型の食育ミュージアムは、「食足世平」(食足りて世は平らか)という安藤百福の語録の具現化したものである。安藤百福は、インスタントラーメン、カップヌードル、スペース・ラムを発明し、また食文化に革新をもたらした。さらに、人間の幸福とは何か、人類の平和とは何か、を食の分野から解明しようとした真のベンチャー・スピリットを持った起業家であった。本論考は、安藤百福の最初の発明であったインスタントラーメンを研究した池田市に建っている記念館に焦点をあて世界的起業家・日清食品創業者 安藤百福について論考するものである。
本文を読む

https://otemae.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1090&item_no=1&attribute_id=22&file_no=3

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報