紀要論文 Dark Tourism: Is There a Bright Side?

ジャクソン, ジョン  ,  John, JACKSON

(1)  , pp.65 - 71 , 2015-03-26 , 大手前大学国際教育インスティテュート
ISSN:2189-3462
内容記述
ダークツーリズム~これはもはや新しい概念ではない。死、大災害、苦痛、破壊等の生じた場所を訪ねること~は、それらの場所へのアクセスが容易になるにつれ、20 世紀の半ば以降、人気が上昇している。その理由はまだ十分に明らかとはなっていないがこれはそこを訪れる人たちの動機についても言えることである。ターローはダークツーリズムを以下のように定義している:「歴史上の悲劇といえるもの以上の出来事で、単に感情面に影響を与えるだけでなく、政治・社会政策にも衝撃を与えるもの。」この論文の目的はダークツーリズムの現場を訪れる目的を考察すること、そしてこれまでの研究により倫理的・道徳的・感情的に得られた成果を調査・発表することであり、さらにはそこを訪れる人々の経験を通じてダークツーリズムの現場とのつながりを理解することにある。
Although it is hardly a new concept, Dark Tourism - the practice of people visiting places associated with death, disaster, misery, suffering and destruction has grown in popularity particularly since the mid twentieth century as more and more places have become accessible. The reasons for this popularity have yet to be categorically defined, as has the motivation of the visitors. Tarlow (2005) defines dark tourism as such: “those events which are more than just tragedies in history, but rather touch our lives not merely from the emotional perspective, but also impact our politics and social policies.” This paper aims to examine the motives for visiting dark tourism sites and investigate and present the benefits gained ethically, morally and emotionally through studying and ultimately, gaining an understanding of visitors’ personal connections through their experiences.
本文を読む

https://otemae.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=913&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報