Departmental Bulletin Paper A Tale of Two Trilingual Princes: Exploring the Cross-Cultural Perceptions of Non-Japanese University Students

チャン, ダンフォード  ,  Danford, CHUN

(1)  , pp.37 - 64 , 2015-03-26 , 大手前大学国際教育インスティテュート
日本で育ち日本の大学に通っている多言語話者である非日本人学生は、言語の上ではある種の特権を有しているようにみられるが、日本において外国語として英語を学ぶ学生(EFL: English as a Foreign Language)の数の多さからすると社会的には軽んじられているのが実情である。英語は西洋の帝国主義者たちが非西洋の人々を植民地化し服従させる一つの武器であるとして批判されてきたが、前述の文脈における軽んじられている学生たちに対しては力を与えるものといえる。この論文においては、英語を外国語として学ぶ者に対して英語がなしうることを示すが、それはある地域や単一言語の領域を超えてより多くの人々に届く力強い声により言語帝国主義に抗うことを意味する。この研究では、TESOL(Teaching English to speakers of other language:他言語話者に英語を教えること)が唱えている社会正義や文化の多様性教育やWorld Englishes に言及するだけでなく、英語を外国語として学ぶ者の異文化理解についても触れている。そしてこれらがどのように英語を外国語として学ぶ者の読み書き能力やアイデンティティという概念を作り上げているのかについても検討する。
Non-Japanese trilingual students who grew up in Japan and are studying full-time at Japanese universities represent a linguistically privileged yet socially marginalized sliver of the EFL student population in Japan. Although English has been criticized as a weapon used by western imperialists to colonize and subjugate non-western peoples, in this particular sociolinguistic ecological context it is used to empower the marginalized. As an additive agent in self-identity development, this case study argues that English can aid EFL learners in battling linguistic imperialism by equipping them with a powerful voice that can be heard by a more inclusive global audience beyond local, monolingual borders. The investigation explores the cross-cultural perceptions of this extraordinary group as well as the implications for TESOL advocates of social justice, multicultural diversity education, and World Englishes, and how these intertwine and weave conceptions of EFL literacy and learner identity.

Number of accesses :  

Other information