紀要論文 大学生に対するストーンペインティングの授業実践報告
A practical report of stone painting for undergraduate students

植木, 岳雪

内容記述
ストーンペインティングは,河原や海岸の礫(自然石)に絵を描くことである.小学校の児童に対してストーンペインティングの授業実践を行うために,ストーンペインティングのノウハウを蓄積することを目的として,千葉科学大学危機管理学部環境危機管理学科の3年生と1年生に対して,ストーンペインティングを行った.ストーンペインティングに要する時間は1時間で十分であった.大学生が用いた礫は,径4 cm以上12 cm未満サイズのものが多かったが,礫の種類はさまざまであった.大学生が描いた絵のジャンルは幅広かったが,その中では相対的に動物が多かった.大学生は,概して肯定的な感想を抱いた者が多かった.
“Stone painting” is a method of art that paint a natural stone of riverbed or seaside. Examination of stone painting was provided for totally 54 undergraduate students of the Department of Environmental Risk and Crisis Management, Faculty of Risk and Crisis Management, Chiba Institute of Science, Japan. Lessons of stone painting required less than one hour. Students selected pebble- to cobble-sized stones with various lithology and painted dominantly animals with minor proportion of plant, person, character, food, logo, design, view and others. Stone painting was impressive positively for the most students.
本文を読む

https://cis.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=200&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報