紀要論文 茨城県中部における大学3年生を対象とした野外実習の実践報告
A case report of field excursion in central Ibaraki Prefecture for third-year undergraduate students

植木, 岳雪  ,  糟谷, 大河  ,  小濱, 剛  ,  手束, 聡子  ,  戸塚, 唯氏

内容記述
千葉科学大学危機管理学部環境危機管理学科3年生の必修授業「野外調査法」は,自然科学のさまざまな分野の野外調査方法の基礎を習得するための実習である.2015年度の野外実習では,茨城県中部において,現成の海岸地形・堆積物,段丘地形・堆積物,森林植生・菌類,河川の水生昆虫の観察,しじみの養殖施設の見学,地表水・湧水の採水,ストーンペインティングを行った.学生は実習全体に満足し,分野横断型の実習内容を肯定的に評価したことから,今回の野外実習の教育的効果は高かったと思われる.
The " Introduction of field survey " is a required practice for third-year undergraduate students of the Department of Environmental Risk and Crisis Management, Faculty of Risk and Crisis Management, Chiba Institute of Science, Japan. The practice aims to learn basic methods of field sciences. The practice in 2015 included topics of geology and geomorphology, forest and aquatic ecology, fisheries, chemical analysis, and science education. Students satisfied the entire program and showed a positive evaluation for the multidisciplinary contexts of practice.
本文を読む

https://cis.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=199&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報