Technical Report J-PARCワークショップ「Deuterated Materials Enhancing Neutron Science for Structural Function Applications」の報告; 2017年10月19日sim20日,いばらき量子ビーム研究センター

阿久津 和宏  ,  安達 基泰  ,  川北 至信

pp.1 - 36 , 2018-03 , JAEA
Description
J-PARC MLFでは安定した大強度パルス中性子の供給が実施されており、現在までに数多くの中性子線を用いた先導的な研究、特に化学・生命の中性子研究においては中性子線が水素に敏感である性質を活用した研究が展開されている。特定の位置の水素又は有機分子の水素をその同位体である重水素でラベル化する手法は、部分選択的構造解析、水素の非干渉性散乱に由来するバックグラウンドの低減、従来では見えない構造を可視化するなど多くの利点があり、中性子研究を更に高度なものへと昇華する手法として重要な役割を担っている。そこで、わが国の中性子科学の発展に寄与することを目指して、2017年10月19日-20日に 国際ワークショップ「Deuterated Materials Enhancing Neutron Science for Structure Function Applications」がJ-PARC Workshopとして開催された。このワークショップでは、重水素ラベル化技術及びそれらを中性子科学研究に利用している国内外の研究者が一堂に会し、重水素化実験手法、最新の中性子科学研究成果及びその動向について多方面より議論した。本レポートは、オーガナイザーによるワークショップの報告である。
著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
Full-Text

http://jopss.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Review-2018-002.pdf

Number of accesses :  

Other information