Technical Report 平成28年度原子力発電所周辺における航空機モニタリング(受託研究)

眞田 幸尚  ,  森 愛理  ,  岩井 毅行  ,  瀬口 栄作  ,  松永 祐樹  ,  河端 智樹  ,  豊田 政幸  ,  飛田 晋一朗  ,  平賀 翔吾  ,  佐藤 義治  ,  卜部 嘉  ,  石崎 梓  ,  嶋田 和真  ,  廣内 淳  ,  工藤 保

pp.1 - 117 , 2018-02 , JAEA
Description
2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波に起因した東京電力福島第一原子力発電所事故によって、大量の放射性物質が周辺に飛散した。事故直後より、放射線の分布を迅速かつ広範囲に測定する手法として、航空機等を用いた空からの測定方法が適用されている。ここでは、平成28年度に実施した福島第一原子力発電所周辺におけるモニタリング結果についてまとめた。福島第一原子力発電所周辺におけるモニタリング結果は、過去の測定結果からの線量率の変化量を評価し、変化量に寄与する要因について考察した。また、これまで課題となっていた空気中のラドン子孫核種の弁別手法の開発を行い、実際の測定結果に手法を適用して、空気中のラドン子孫核種の測定に与える影響について評価した。さらに、複数の性能の異なったGPSを同時にデータ取得することによって、位置測定誤差による解析結果への影響評価を行った。
著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
Full-Text

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Technology-2017-034.pdf

Number of accesses :  

Other information