テクニカルレポート 平成28年度緊急時対応技術適用のためのバックグラウンド航空機モニタリング(受託研究)

眞田 幸尚  ,  森 愛理  ,  岩井 毅行  ,  瀬口 栄作  ,  松永 祐樹  ,  河端 智樹  ,  豊田 政幸  ,  飛田 晋一朗  ,  平賀 翔吾  ,  佐藤 義治  ,  卜部 嘉  ,  石崎 梓  ,  嶋田 和真  ,  廣内 淳  ,  工藤 保

pp.1 - 69 , 2018-02 , JAEA
内容記述
2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波に起因した東京電力福島第一原子力発電所事故によって、大量の放射性物質が周辺に飛散した。事故直後より、放射線の分布を迅速かつ広範囲に測定する手法として、航空機等を用いた空からの測定方法が適用されている。福島で培った航空機モニタリングの技術を原子力発電所事故時の対応技術として適用するために、全国の発電所周辺のバックグラウンドモニタリングを実施した。2016年度は、大飯・高浜原子力発電所及び伊方原子力発電所周辺について実施した。ここでは、その結果及び実施によって抽出された技術的課題についてまとめる。
著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
本文を読む

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Technology-2017-035.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報