テクニカルレポート 次世代中性子生物学; J-PARCワークショップ「次世代中性子生物学」の報告; 2017年3月22日sim23日,いばらき量子ビーム研究センター

杉山 正明  ,  中川 洋  ,  井上 倫太郎  ,  川北 至信

pp.1 - 40 , 2017-12 , JAEA
内容記述
現在、我が国ではJ-PARC・JRR-3等の高強度高品質の中性子源が整備され中性子線を用いた生命科学研究の推進が強く望まれている。そこで、我が国中性子生物学の発展に寄与することを目指して2017年3月22日sim23日国際Workshop「Neutron biology for next generation」がJ-PARCワークショップとして開催された。このWorkshopには日本国内の中性子分光器の装置研究者及び中性子散乱を精力的に利用している国内外の生命科学者が集まり、上記テーマについて装置・実験手法、最新の研究成果及びその動向について多方面より議論した。本レポートはオーガナイザーによるWorkshopの報告である。
著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
本文を読む

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Review-2017-024.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報