テクニカルレポート 幌延深地層研究センターゆめ地創館を活用したリスク・コミュニケーションについて; 2015年度

藤原 利如  ,  星野 雅人  ,  徳永 博昭  ,  堀越 秀彦

pp.1 - 128 , 2017-07 , JAEA
内容記述
幌延深地層研究センターは、深地層研究のための地下坑道等の研究施設、またその研究内容を解説するための施設と研究者が揃っており、敷地内には、実際の人工バリアを実規模で体感できる工学研究施設もあり、高レベル放射性廃棄物の地層処分について詳しく知るための国内最高の環境を有する施設である。これらの優位性を生かし、来場する国民各層を対象として高レベル放射性廃棄物に対する漠然とした疑問、不安などの意見について、アンケート等を活用した広聴を行っている。今回、平成27年4月から11月までに収集したアンケート等の意見(回答者2,674人)について統計分析の結果を報告する。
著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
本文を読む

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Review-2017-008.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報