Technical Report HTTR起動用中性子源用の輸送容器の開発

島崎 洋祐  ,  澤畑 洋明  ,  柳田 佳徳  ,  篠原 正憲  ,  川本 大樹  ,  高田 昌二

pp.1 - 36 , 2017-02 , JAEA
Description
HTTR(高温工学試験研究炉)では起動用中性子源として、252Cf(3.7GBqtimes3個)を炉内に装荷し、約7年を目途に交換している。中性子源の中性子源ホルダへの装荷及び輸送物の製作は、販売業者のホットセル内で行われ、その後、HTTRまで輸送される。中性子源ホルダの制御棒案内ブロックからの取出・装荷は、HTTRのメンテナンスピット内で行う。前回までの中性子源交換作業において、輸送容器に係る中性子源ホルダの取扱い上のリスクとして以下が確認された。(1)作業員の被ばくのリスク、(2)中性子源ホルダの誤落下リスク。そこで、そのリスクを低減し、かつ、製造から20年経過した従来の輸送容器をオーバーホールして使用し続ける場合と同程度のコストで、従来の輸送容器と同じA型輸送物の基準を満足することができる、HTTRの中性子源専用の新たな輸送容器を製作した。
著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
Full-Text

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Technology-2016-038.pdf

Number of accesses :  

Other information