テクニカルレポート gamma線スペクトロメトリーによる淡水中の低濃度ラジウム(Ra)同位体分析法; Powdex樹脂を用いた現地における大容量水試料の前処理及び硫酸バリウム共沈法の適用

富田 純平  ,  阿部 琢也

pp.1 - 12 , 2017-03 , JAEA
内容記述
本研究では、現地において大容量の淡水試料(sim170 L)からRa同位体を回収する前処理法と実験室における単純な共沈法を組み合わせたgamma線スペクトロメトリーによる淡水試料中の低濃度Ra同位体分析法を開発した。運搬する試料量を減容するための現地における前処理法として、Powdex樹脂によるバッチ法を検討し、Ra同位体の回収に必要な樹脂量は、水試料の電気伝導度から評価可能であることを明らかにした。また、Ra同位体を硫酸バリウム共沈法により回収することで、バックグラウンドを上昇させるKを96%以上除去できた。既知量のRa同位体を含む電気伝導度が異なる170 Lの淡水模擬試料を本手法により分析し、分析法の妥当性を確認した。この時のRaの回収率は、平均98%、226Ra及び228Raの検出限界値は、それぞれ約0.3及び0.5mBq L-1であった。
著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
本文を読む

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Research-2016-026.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報