テクニカルレポート アルミナ吸着剤のMo吸着/溶離に関する予備試験

鈴木 善貴  ,  石田 卓也  ,  鈴木 祐未  ,  松倉 実  ,  黒崎 文雄  ,  西方 香緒里  ,  三村 均  ,  土谷 邦彦

pp.1 - 24 , 2016-12 , JAEA
内容記述
照射試験炉センターでは、(n,gamma)法による99Mo製造に関する技術開発を行っている。(n,gamma)反応による99Mo製造は簡便な方法であり、核不拡散や廃棄物管理の観点からも有利である。しかしながら、本方法による99Moの比放射能が低いことから、高い放射能濃度を有する99mTc製品の製造が困難である。これまで、高いMo吸着効率を持つ無機高分子ジルコニウム化合物(Polyzirconium Compound: PZC)及び無機高分子チタニウム化合物(Polytitanium Compound: PTC)のようなMo吸着剤の開発が進められている。これらのMo吸着剤のジェネレータへの利用のためには、Mo吸着剤に含まれる構成元素の影響を評価し、99mTc製品の品質を保証することが必要である。本報告書において、Mo吸着剤の開発の現状調査を行い、医療用99Mo/99mTcジェネレータに使用されているアルミナに着目し、結晶構造や比表面積のような異なった特性による3種類のアルミナのMo吸着特性/Mo溶離特性を調べた。
著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
本文を読む

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Technology-2016-027.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報