テクニカルレポート 超深地層研究所計画,年度計画書; 2016年度

濱 克宏  ,  竹内 竜史  ,  岩月 輝希  ,  笹尾 英嗣  ,  見掛 信一郎  ,  池田 幸喜  ,  松井 裕哉  ,  大澤 英昭

pp.1 - 29 , 2016-07 , JAEA
内容記述
日本原子力研究開発機構東濃地科学センターでは、高レベル放射性廃棄物の地層処分技術に関する研究開発のうち、深地層の科学的研究(地層科学研究)の一環として、結晶質岩(花崗岩)を対象とした超深地層研究所計画を進めている。本研究所計画では、2014年度に原子力機構改革の一環として抽出された三つの必須の課題(地下坑道における工学的対策技術の開発、物質移動モデル化技術の開発、坑道埋め戻し技術の開発)の調査研究を進めている。本計画書は、2015年に改訂した「超深地層研究所地層科学研究基本計画」に基づき、2016年度の超深地層研究所計画の調査研究計画、施設計画、共同研究計画などを示したものである。
著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
本文を読む

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Review-2016-015.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報