テクニカルレポート アジアにおける原子力技術の平和利用のための講師育成事業の概要2014(受託事業)

日高 昭秀  ,  中野 佳洋  ,  渡部 陽子  ,  新井 信義  ,  澤田 誠  ,  金井塚 清一  ,  加藤木 亜紀  ,  嶋田 麻由香  ,  石川 智美  ,  海老根 雅子  ,  中村 仁一  ,  櫻井 健  ,  虎田 真一郎  ,  中村 和幸  ,  山下 清信

pp.1 - 208 , 2016-07 , JAEA
内容記述
原子力機構では、アジアにおける原子力技術の平和利用のための人材育成に貢献するため、文部科学省からの受託事業として、1996年から講師育成事業(ITP)を実施している。ITPは講師育成研修(ITC)、フォローアップ研修(FTC)、原子力技術セミナーからなり、アジア諸国を中心とする国々(現在、11ヵ国)の原子力関係者を我が国に招聘し、放射線利用技術等に関する研修、セミナーを行うことにより、母国において技術指導のできる講師を育成している。また、我が国からアジア諸国への講師派遣を通じて、各国の原子力関係者の技術及び知識の向上を図っている。さらに、作成したニュースレターを広く配布することにより、各国で得られた技術情報等を国内の原子力施設の立地地域等に広く提供している。本報では、これらについて概要を記載すると共に、今後、原子力人材育成事業を効果的に実施するための課題等について報告する。
著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
本文を読む

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Review-2016-011-01.pdf

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Review-2016-011-02.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報