テクニカルレポート 福島第一原子力発電所の廃止措置に向けた瓦礫・植物などの放射性核種分析手法に関する検討

関 晃太郎  ,  佐々木 誉幸  ,  秋元 友寿  ,  徳永 貴仁  ,  田中 究  ,  原賀 智子  ,  上野 隆  ,  石森 健一郎  ,  星 亜紀子  ,  亀尾 裕

pp.1 - 37 , 2016-07 , JAEA
内容記述
研究施設等廃棄物を対象に構築した簡易・迅速分析法にもとづき、福島第一原子力発電所構内で採取された瓦礫や植物などに適用可能な分析フローを作成し、その適用性について検討した。検討の結果、分析対象核種を高い回収率で、90Srや137Csなどの核分裂生成物の影響を受けることなく、放射能濃度を定量が可能であることが確認できた。
著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
本文を読む

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Technology-2016-013.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報