テクニカルレポート 原子力緊急時支援・研修センターの活動; 平成26年度

原子力緊急時支援・研修センター

pp.1 - 55 , 2016-05 , JAEA
内容記述
日本原子力研究開発機構は、災害対策基本法及び武力攻撃事態対処法に基づき、「指定公共機関」として、国及び地方公共団体その他の機関に対し、災害対策又は武力攻撃事態等への対処において、日本原子力研究開発機構の防災業務計画及び国民保護業務計画に則り、技術支援をする責務を有している。原子力緊急時支援・研修センターは、緊急時には、全国を視野に入れた専門家の派遣、防災資機材の提供、防護対策のための技術的助言等の支援活動を行う。また、平常時には、我が国の防災対応体制強化・充実のために、自らの訓練・研修のほか、国、地方公共団体の原子力防災関係者のための実践的な訓練・研修、原子力防災に関する調査研究及び国際協力を実施する。平成26年度においては、日本原子力研究開発機構の年度計画に基づき、以下の業務を推進した。(1)国, 地方公共団体との連携を図った指定公共機関としての技術支援活動(2)国、地方公共団体の原子力防災関係者の人材育成及び研修・訓練(3)原子力防災に係る調査・研究の実施及び情報発信(4)国際機関と連携を図ったアジア諸国への原子力防災に係る技術的貢献 これらの業務のなかで特に、「防災業務関係者のための放射線防護研修」の拡大継続、公開ホームページでの「原子力防災情報」の継続、及び放射線防護対策工事として原子力災害時において建屋内に放射性物質を除去した空気を給気することで汚染された外気の吸入を防ぐよう支援棟2階の正圧化工事を実施した。
著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
本文を読む

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Review-2016-005.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報