Technical Report 瑞浪超深地層研究所における工学技術に関する検討(平成26年度); 掘削影響の修復・軽減技術の開発(委託研究)

深谷 正明  ,  畑 浩二  ,  秋好 賢治  ,  佐藤 伸  ,  竹田 宣典  ,  三浦 律彦  ,  鵜山 雅夫  ,  金田 勉  ,  上田 正  ,  原 朗  ,  鳥巣 セダ  ,  石田 知子  ,  佐藤 稔紀  ,  見掛 信一郎  ,  青柳 芳明

pp.1 - 195 , 2016-03 , JAEA
Description
瑞浪超深地層研究所計画における平成26年度の工学技術に関する検討5「掘削影響の修復・軽減技術の開発」の研究の一環として、将来実施が計画されている冠水坑道を地下水で満たす試験に必要となる止水壁他の検討を行った。具体的には、(1)止水壁の機能, 構造, 材料, 施工及び品質管理方法等の検討、(2)冠水坑道を地下水で満たす試験時の止水壁周辺岩盤への影響の解析的予測、を実施した。その結果、予測される最大水圧,温度応力及び地震力に対する岩盤を含む構造安全性,漏水抑制,冠水坑道へのアクセス確保及び計測ケーブルの貫通等の要求を満足する止水壁等の仕様を決定するとともに止水壁設置後の冠水による止水壁周辺岩盤の挙動に関する予察的な知見を得た。
著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
Full-Text

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Technology-2016-002.pdf

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Technology-2016-002-appendix(CD-ROM).zip

Number of accesses :  

Other information