テクニカルレポート 坑道周辺岩盤の概念再構築に関する研究; 平成26年度(委託研究)

小島 圭二  ,  大西 有三  ,  青木 謙治  ,  杤山 修  ,  西垣 誠  ,  登坂 博行  ,  吉田 英一  ,  村上 裕晃  ,  笹尾 英嗣

pp.1 - 54 , 2015-12 , JAEA
内容記述
本報告書は、地層処分におけるニアフィールドコンセプトをより現実的に再構築する研究に関するものである。平成27年度は、当委員会の最終年度に当たるため、ニアフィールドコンセプトの再構築に関する検討概要と基本的考え方のまとめを行った。また、委員会での検討事項を整理して、「現実的なニアフィールドコンセプトの再構築」の残された課題を抽出した。特に、「2011年東日本大震災」後に、安全に関する社会のパラダイムが大きくシフトしたことを考慮して、地層処分に関して、社会が従来の安全概念では受け入れがたくなっていると考えられる事項も整理した。また、地下研究施設/ニアフィールド領域で実証可能な、地層処分「必須の重要事項」への対応を検討した。これらを通して、今後の地層処分/ニアフィールド領域の研究開発の方向を示した。
著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
本文を読む

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Research-2015-017.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報