テクニカルレポート 超深地層研究所計画,年度報告書; 2014年度

濱 克宏  ,  見掛 信一郎  ,  石橋 正祐紀  ,  笹尾 英嗣  ,  桑原 和道  ,  上野 哲朗  ,  大貫 賢二  ,  別府 伸治  ,  尾上 博則  ,  竹内 竜史  ,  三枝 博光  ,  宗本 隆志  ,  加藤 利弘  ,  岩月 輝希  ,  岩崎 理代  ,  池田 幸喜  ,  佐藤 稔紀  ,  大澤 英昭  ,  小出 馨

pp.1 - 122 , 2015-11 , JAEA
内容記述
日本原子力研究開発機構東濃地科学センターでは、「地層処分技術に関する研究開発」のうち深地層の科学的研究(地層科学研究)の一環として、結晶質岩(花崗岩)を対象とした超深地層研究所計画を進めている。本計画は、「第1段階; 地表からの調査予測研究段階」、「第2段階; 研究坑道の掘削を伴う研究段階」、「第3段階; 研究坑道を利用した研究段階」の3段階からなり、2014年度は、2014年2月における深度500mステージの研究坑道の掘削工事の完了に伴い、超深地層研究所計画における深度500mまでの第2段階の調査研究を一旦終了し、これまで実施してきた各種モニタリングを含め、物質移動試験や再冠水試験等の第3段階の調査研究を進めた。本報告書は、2014年度に実施した調査研究、施設建設、共同研究等の成果を取りまとめたものである。
著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
本文を読む

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Review-2015-024.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報