テクニカルレポート 水環境調整設備の調整運転

馬籠 博克  ,  岡田 祐次  ,  冨田 健司  ,  飯田 一広  ,  安藤 均  ,  米川 昭久  ,  上田 晴康  ,  塙 博  ,  菅野 勝  ,  作田 善幸

pp.1 - 100 , 2015-09 , JAEA
内容記述
日本原子力研究開発機構では、軽水炉利用の高度化及び高経年化に対応するため、軽水炉燃料及び材料の照射試験を実施する準備を進めている。JMTRは第165運転サイクル後の2006年8月に停止し、再稼働に向けて照射施設の整備を進めており、燃料及び材料の中性子照射試験を行うための燃料異常過渡試験装置及び材料照射試験装置を2008年度から2012年度にかけて製作、設置した。材料照射試験装置は、IASCC(照射誘起応力腐食割れ: Irradiation Assisted Stress Corrosion Cracking)研究に供するものであり、主として3基の水環境調整設備で構成されている。本報告書は、水環境調整設備の性能確認を目的として、2013年度に実施した調整運転についてまとめたものである。
著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
本文を読む

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Technology-2015-025.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報