紀要論文 口腔がんの分子病理

進藤, 正信  ,  樋田, 京子

18 ( 2 )  , pp.1 - 14 , 2018-03-30 , 天使大学
内容記述
口腔癌における遺伝子異常について検索を行った。その結果、がん抑制遺伝子p53 の変異・欠失が70%以上の症例でみられることや、ets がん遺伝子群転写因子E1AF が細胞外基質分解酵素の活性亢進をもたらすこと、テロメラーゼ活性化により口腔癌の発症・悪性化に関与していることを明らかにした。AU-richelement(ARE)をもつmRNA は生理的状態ではエキソゾーム内で素早く分解されるが、がん細胞ではHuRが恒常的にがん遺伝子や細胞増殖因子のARE に結合・安定化させ発現を亢進し、発がんにおけるnon-coding RNA の重要性を示した。これまで腫瘍周囲間質は正常細胞からなっていると考えられてきたが、近年、腫瘍微小環境の異常性が指摘されている。腫瘍微小環境に存在する腫瘍血管の解析を行ったところ、腫瘍血管内皮細胞は細胞学的に異常性をもち正常血管内皮細胞と異なった遺伝子/遺伝子産物を発現しており、腫瘍血管をターゲットにした医薬分子送達システムにより特異的かつ効率的な治療効果を得られる可能性が示された。
Molecular pathological investigation of oral carcinogenesis was described. Mutation and deletion of p53, a potent anti-oncogene, were observed in more than 70% of oral carcinoma, and close relationship was observed between oral carcinomas and ets transcription factor E1AF. E1AF upregulate MMPs that induce cancer cell invasion by degrading extracellular matrices. The significance of non-coding RNA on carcinogenesis, especially concerning ARE (AU-rich element) mRNA was shown. Many oncogenes contain ARE in its untranslated region, and ARE mRNA is stabilized and transported in cancer cells by CRM-1 independent manner. Blood vessels in tumor microenvironment were investigated. Tumor endothelial cells had abnormalities compared to normal endothelial cells, and specific genes/gene products in tumor endothelial cells will be targets of gene therapy.
本文を読む

https://tenshi.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=326&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報