紀要論文 等分散性の検定に対する二つの方法が等価でない場合
A Case in which Two Methods for the Test of Homogeneity of Variance are not Equal

川口, 雄一

16 ( 2 )  , pp.1 - 4 , 2016-03-31 , 天使大学
NII書誌ID(NCID):AA11568183
内容記述
F-分布に基づく等分散性の検定について、帰無仮説と対立仮説の採択および棄却に関し、二つの方法がある。本稿では、有意水準が極端な値(α=0.98) である場合、これら二つの方法は等価ではなくなることを示す。なお、統計処理における通常の場合、α=の値は0.05 や0.01であるのが慣例であり、この範囲で、二つの方法は等しい。
Regarding the test of homogeneity of variance based on the F-distribution, there are two methods for accepting or rejecting the null or alternative hypothesis. In this paper, it is shown that there is a case in which the two methods are not equal if the level of significance is an unordinary value (α=0.98). In ordinary cases of statistical processing, the value of is 0.05 or 0.01. The two methods are equal in such cases.
本文を読む

https://tenshi.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=297&item_no=1&attribute_id=22&file_no=3

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報