Departmental Bulletin Paper アメリカにおけるホスピス・緩和ケアとグリーフサポートの実際~ニューヨーク緩和ケア視察研修を通して~

横山, 聖美

Description
わが国の医療機関で行われるグリーフサポートへの示唆を得ることを目的に研修に参加した。アメリカのホスピス・緩和ケアの中でグリーフサポートは保険適応されており、医師、ソーシャルワーカー、チャプレン、ボランティアなど多職種が担っていた。アメリカでは、人種や宗教の多様性から、様々な対象特性に合わせた遺族のためのサポートグループが継続的に開催されており、遺族が自ら選び取れるシステムになっていた。わが国の医療機関で行われるグリーフサポートを主に担っているのは臨床看護師であるが、専属業務ではなく、遺族の多様なニーズに対応できていない現状がある。また、グリーフサポートに関わる専門的な教育システムや、専門職種が不足していることも課題である。本研修を通して、わが国におけるグリーフサポートを誰が担うことが適切なのかを含めた検討と共に、現在グリーフサポートを担っている臨床看護師への教育的支援の必要性が示唆された。
I joined this study tour to gain some suggestions for grief support provided in Japanese medical institutions. Grief support is reimbursed in American hospice and palliative care, provided by interdisciplinary professionals such as doctors, social workers, chaplains, and volunteers. Due to America’s racial and religious diversity, various support groups suited to specific needs for the bereaved family are continuously held, so they can choose their own one. Bereavement support is mostly provided by clinical nurses in Japanese medical institutions, however in reality, they may not respond to various needs of the bereaved because nurses cannot serve them exclusively. Also, there are two issues to be solved; lack of educational system for professional grief support and shortage of such providers. Through this study tour, there is a need to be who plays a grief support in Japan to consider whether appropriate. And, the need for educational support for clinical nurse plays a grief support has been suggested.
Full-Text

https://tenshi.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=288&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information