Departmental Bulletin Paper <研究ノート>初年次教育における反転授業とジグソー法を組み合わせたアクティブ・ラーニングの試み
<Notes>Trial of active learning combining flipped classroom and Jigsaw method in first year education

児玉, 典子  ,  小山, 淳子

Description
平成25年度改定版薬学教育モデル・コアカリキュラムを受けて学生の能動的学習態度を促すアクティブ・ラーニングへの期待が高まる中、薬系大学でもPBL(問題解決型学習法)、TBL(チーム基盤型学習法)、ジグソー法などの学習方法を授業に取り入れ、思考能力の向上を目指した授業改善が試みられている。しかし、これらの学習方法を通常の授業時間枠で効果的に活用するには、授業時間外での学生の自主的学習が鍵となる。近年、従来の授業(授業時間で講義を行い、応用課題を宿題として課す)を反転させた反転授業(事前に授業内容をオンライン教材などで学習し、授業で応用課題に取り組む)が、授業時間の確保とアクティブ・ラーニングを促す教育方法として注目されている。そこで今回、反転授業の効果を基礎生命科学(平成27年度1年次前期開講)の授業において検証するため、反転授業とジグソー法を組み合わせた授業を設計・実施し、授業最終日にジグソー法を用いた協調学習に対する学生の意識調査を行った。その結果、平成26年度と比較して協調学習におけるグループ活動の活性化及び学習意欲の向上が見られただけでなく、定期試験において高得点側に得点分布の最大ピークが得られた。これらの結果から、反転授業とジグソー法を組み合わせたアクティブ・ラーニングは、学力の低い学生の底上げや、留年率の改善に今後期待できる効果的な授業形態であることが明らかとなった。
Full-Text

https://kobeyakka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=92&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information