Departmental Bulletin Paper 国宝金印「漢委奴国王」印の印学的研究
A Study of Seal on Gold Seal the National Treasure

久米, 雅雄

Description
国宝金印「漢委奴国王」印は天明4年(1784)に福岡の志賀島で発見された。発見当初よりヤマト国説・伊都国説が提示され、明治25年(1892)には倭の奴国説が登場した。昭和29年(1954)に国宝に指定されたが、国は「その訓みについてはなお定説をみない」との立場にある。問題点を印学的に8方面から研究し、志賀島発見の謎に迫る。
Full-Text

http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/49600/148859802468756.pdf

Number of accesses :  

Other information