Departmental Bulletin Paper A Study of 'Very' in The Canterbury Tales and King James Bible from the Morphological and Semantic Points of View

KUNISHIGE, Yuki

22pp.47 - 53 , 2016-03-13
ISSN:18807496
NCID:AN00343864
Description
Geoffrey Chaucer (1343-1400) のThe Canterbury Tales (1387-1400) とKing James Bible (1611)におけるveryについて意味論・形態論の観点から考察する。中英語期、近代英語期、現代英語期のveryは語形・語義・統語上において違いがある。そこで、中英語期から、Geoffrey ChaucerのThe Canterbury Tales (1387-1400)、近代英語期からKing James Bible (1611) をとりあげ、veryの語形および語義がどのように変化しているかを考察していく。
Full-Text

http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/49500/148859802430286.pdf

Number of accesses :  

Other information