紀要論文 ジャン=ジャック・ルソーの父イザック・ルソー ―新資料による父親像の検討―

井関 麻帆

(第87号)  , pp.1 - 30 , 2017-09-30
ISSN:0287-3877
内容記述
 ジャン=ジャック・ルソーの父親,イザック・ルソーはどのような人物だったのか。『告白』におけるイザックは,古文書や書簡などから浮かび上がる「実像」とは異なり,理想的に描かれている。クレモンは,この乖離を手掛かりとして,精神分析的手法によりジャン=ジャックの「無意識」の動因を探った。分析の軸となるイザックの「実像」は,歴史学の立場からルソー家の来歴を研究したリッターの古典的業績に拠っている。百年近く前に著されたリッターの論文以降,イザックに関する実証的な研究は停滞期に入っていたが,近年筆者は,イザックが後半生を過ごしたニヨンでの調査において,新しい資料を発見した。本稿は,イザック研究の歴史を紐解いた上で,イザックの伝記的研究を目指す。また,新資料の分析を通して,従来謎の多かった逃亡後のイザックの人生に光を当て,新知見を加える。
本文を読む

http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/binary/p/10678/s/9601/

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報