紀要論文 強要されて自身に覚せい剤を注射した被告人に対し、緊急避難が成立し、無罪が言い渡された事例

髙良 幸哉

第122巻 ( 第3・4号 )  , pp.297 - 309 , 2015-08-04
ISSN:0009-6296
内容記述
 強要されて自身に覚せい剤を注射した被告人に対し、緊急避難が成立し、無罪が言い渡された事例の検討。
本文を読む

http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/binary/p/9858/s/8400/

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報