紀要論文 判例について

金築 誠志

第12巻 ( 第4号 )  , pp.3 - 37 , 2016-03-31
ISSN:1349-6239
内容記述
実定法上の判例の意義を念頭に置きながら、結論命題とともに一般的命題も主論となり得ることを明らかにしつつ、主論及び傍論の諸類型、決定方法等について論述する。
本文を読む

http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/binary/p/9619/s/8110/

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報