Departmental Bulletin Paper イギリスにおける共犯処罰と二〇〇七年重大犯罪法

木村 光江

(第121巻/第11・12号)  , pp.239 - 268 , 2015-03-16
ISSN:0009-6296
Description
 本稿は、イギリス二〇〇七年重大犯罪法第二編(The Seirious Crime Act 2007, Part 2)の共犯規定について検討を加えたものである。同法は、コモン・ローの独立教唆罪を廃止し、未完成犯罪としての教唆・幇助を処罰するものであり、アメリカの九・一一事件やロンドンの地下鉄爆破事件などを受けた、テロ対策としての立法の一環と位置づけられる。しかし、その処罰の広さと曖昧さに対し、学説のみならず議会からも批判が加えられている。法律委員会は、同法に続いて共犯法全体の改正を目指し、既に改正案も提示しているが、二〇〇七年法への批判の影響から、未だに立法に至っていない。本稿では、イギリス共犯法の動向を手がかりとして、世界的に重大な課題となっているテロ対策の必要性と、共犯処罰の妥当性のバランスの重要性を指摘した。
Full-Text

http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/binary/p/8647/s/6867/

Number of accesses :  

Other information