紀要論文 犯罪化論の試み

髙橋 直哉

(第121巻/第11・12号)  , pp.1 - 27 , 2015-03-16
ISSN:0009-6296
内容記述
 本稿は、犯罪化の正当化条件の総体を体系的に示す「犯罪化論」の構築を試みるものである。犯罪化は、国家が刑罰という峻厳な制裁を用いてある行為を規制するものであるから、それが正当化されるためには、そのような行為を規制することが国家の果たすべき役割に含まれるといえ、かつ、そのように強制的に規制するだけの特別な理由がなければならない、という認識を出発点として、犯罪化の正当化条件を、「国家の介入の正当性」「犯罪化の必要性」「全体的な利益衡量」「刑罰法規施行後の検証」の四段階に分けて、それぞれの意義・内容、および、それらの相互関係について考察を加えている。従来、わが国ではあまり理論的分析が加えられていなかった刑事立法のあり方について、道徳哲学・政治哲学の知見も交えながら一試論を展開するものである。
本文を読む

http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/binary/p/8639/s/6859/

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報