Departmental Bulletin Paper 言語変化研究の多様な視点―5W1Hによる整理―

堀田 隆一

(81)  , pp.293 - 319 , 2015-10-30
ISSN:0287-3877
Description
本稿の目的は,言語変化研究における多種多様な視点を5W1H の切り口で整理し,概観することである。近年の言語変化研究は,共時言語学と通時言語学の知見の蓄積を取り込みながら発展し,多様化してきたが,一方で多様性ゆえに全体像を概観することが困難となっている。本稿では,まず言語変化研究において基礎となる概念を導入した後,これまでに提案されてきた3 つの言語変化モデルを紹介する。続いて,言語変化の様々な視点を「いつ」「どこで」「だれ」「なに」「どのように」「なぜ」という切り口にしたがって整理し,それらを一望できる形で概括する。言語変化研究に体系的な着眼点を与えることにより,本稿が今後の研究の発展に資する一参照点となることを期待する。
Full-Text

http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/binary/p/8275/s/6418/

Number of accesses :  

Other information