Departmental Bulletin Paper 貸付と借入の経済学(5)

工藤 和久

(第46号)  , pp.183 - 295 , 2015-09-30
ISSN:0285-9718
Description
 本稿は昨年度年報掲載の,貸手(債権者)が複数である場合の諸モデルを論じた「貸付と借入の経済学(4)」の続編である。本稿でははじめに短期投資家と長期投資家の分離が要請されるBerglof and von Thadden (1994) を取り上げる。金融契約は破産bankruptcyの場合の対処のあり方とともに決められるが,破産の理論的分析の嚆矢であるBulow and Shoven (1978),その発展であるGertner and Scharfstein (1991) を,次いで,financial distress の公的破産制度に頼らない民間での解決を論じたGennaioli and Rossi (2012) を取り上げる。最後に, Morris and Shin(2004) の,債権者が多数である場合の競争的債権回収のモデルでの均衡の決定と情報の精度の効果に関する分析を取り上げる。
Full-Text

http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/binary/p/8149/s/6198/

http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/binary/p/8149/s/6199/

http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/binary/p/8149/s/6200/

http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/binary/p/8149/s/6201/

http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/binary/p/8149/s/6202/

http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/binary/p/8149/s/6203/

http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/binary/p/8149/s/6204/

http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/binary/p/8149/s/6205/

Number of accesses :  

Other information