紀要論文 克強指数はGDP統計よりも中国経済の実態を正確に反映するか(1):電力消費量のケース

谷口 洋志

内容記述
中国首相の李克強氏は、遼寧省党書記時代の2007年に、GDP統計よりも電力消費量、鉄道貨物輸送量、銀行融資の3指標のほうが信用できるという趣旨のことを述べたとされる。本稿では、3指標のうちの電力消費量を取り上げ、実質GDPと電力消費量の関係、電力消費量の全国および地区別の動向などから、李克強氏の発言は支持できないことを論じる。
本文を読む

http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/binary/p/7293/s/5202/

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報