Departmental Bulletin Paper 都市規模分布に関する理論の再検討と拡張

石川 利治  ,  王 鉄 錚

Description
都市は生産と消費活動を連結させ地域の経済活動一般を具現化する場所であり、地域経済の実績や在り方を反映する。他方で都市は地域経済の進展方向に影響する重要な要因でもある。経済活動が地球規模で拡大するにつれて、都市の機能や活動内容は専門化する傾向を有し、都市は地域内の他都市との連関性、そして地域外にある都市との連携を強めている。地域内で関連しあう都市は都市体系を形成し、国および地域経済の重要な骨格をなしている。そのため都市体系の在り方は地域内への企業誘致にも重要な立地因子になっている。本稿は重要性を増している都市体系における都市の規模分布と空間的位置関係を理論的に考察するものである。本稿の構成内容は次のようである。これまでの考察では都市規模は順位・規模規則で表現されることが多いので、最初に順位・規模規則を静態および動態的視点など3つの異なる視座から分析し導出する。次いで都市の人口、地代そして小売経営の立地数の3基準から都市規模分析を行い、都市体系内における都市規模分布の形状と分布における階層性を明らかにする。
Full-Text

http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/binary/p/7292/s/5232/

Number of accesses :  

Other information