Departmental Bulletin Paper 慢性病患者に対するコミュニケーション技法習得に向けたロールプレイ演習を通した学生の学び

森谷, 利香  ,  志戸岡, 惠子  ,  青野, 美里  ,  白田, 久美子

Description
 本研究の目的は「慢性病を持つ患者の理解・問題解決に向けたコミュニケーション技法」の学内演習において患者役、看護師役を体験した学生による学びを明らかにする。その上で、演習の効果と課題を、演習目的である「対象理解」「コミュニケーション技術」「コミュニケーションを通した問題解決」の視点で検討することである。A大学看護学部の2年次生にロールプレイ演習を行った。参加者のロールプレイ場面を撮影し、研究者と参加者の1対1で撮影画像を用いて場面を振り返り、その後に半構造化面接を行った。結果、対象理解に関しては共感する重要さ、受容的な態度などを学んでいた。コミュニケーション技術については、コミュニケーションへの備えの必要性や、設定に捉われず相手を理解することに気付いていた。コミュニケーションを通した問題解決については、相手との距離のとり方、および問題解決につながるコミュニケーションに課題があった。
Full-Text

https://setsunan.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1066&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information