紀要論文 子育て中看護系大学教員の仕事と家庭生活の同時遂行における経験に関する研究

竹下, 裕子  ,  森谷, 利香  ,  伊藤, 朗子  ,  和木, 明日香  ,  九津見, 雅美

内容記述
子育て中看護系大学教員の仕事と家庭生活の同時遂行における経験を明らかにする目的で、未就学児を子育て中の母親で常勤の看護系大学教員9名を対象に面接調査を実施した。その結果、子育て中看護系大学教員の経験として、【職務や職場環境により子どもを理由に休みづらい】、【仕事にも子育てにも迷いや不全感を伴う】、【仕事と子育てとの折り合いのつけ方を模索する】、【サポートに感謝すると同時に相反する感情が生じる】、【自分の生き方の全うと“大学教員”としてのやりがいを見出す】、【仕事をしながらも子どもと家族の成長を感じる】の6つのカテゴリが抽出された。子育て中看護系大学教員は、仕事と家庭生活の同時遂行に伴い多数の役割を同時に担っており、自らの価値や理想に基づく生き方を全うしようとしているが、絶対的な時間不足と調整の限界および関係性から生じるストレスにより困難や葛藤を生じていると考えられた。
本文を読む

https://setsunan.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=977&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報