紀要論文 組織変革の阻害要因-組織間・階層間・職務間における機能不全の考察を通して-

槇谷, 正人

内容記述
組織変革のメカニズムを、計画的変革と創発的変革の二面性に着目して、グローバル競争により組織変革を迫られている、パナソニック、ソニー、シャープの3社実証分析を行った。その結果、組織変革の促進要因は、組織能力、組織学習、組織間関係、組織文化の4要素間と密接に関係しており、そこから8つの促進要因が浮かび上がった。次に、組織変革の促進要因の反転事象として阻害要因を考察した。分析の結果、7つの阻害要因に整理でき、それらに内在する3要因が明らかになった。第1は、組織間クロスファンクショナル形成に関わる阻害要因である。第2は、階層間リーダーシップとコミュニケーションに関わる阻害要因である。第3は、職務間ボトルネックの解消に関わる阻害要因である。
本文を読む

https://setsunan.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=960&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報