紀要論文 Cymbeline におけるCloten 斬首場面の意味と劇的効果

スミザース, 理恵

内容記述
本稿は、Cymbeline (1609-10)の演劇的コンテクストにおけるCloten 斬首場面の役割と意味を考察するものである。Shakespeare が所属した劇団(The Chamberlain’s Men/ TheKing’s Men)で道化役者として活躍したRobert Armin がCloten を実際にGlobe 座の舞台上で演じた姿を、David Wiles のShakespeare’s Clown—Actor and Text in theElizabethan Playhouse を照査しながら再現し、その象徴性とインパクト、彼の役割を解明していく。Cloten が真の王子Guiderius に首を切られ、その首を川に投げ入れられる場面や、生首や首無しの死体が舞台上に現れる場面は、Cymbeline という作品を演劇芸術として完成させるために必要不可欠な要素として、劇作家Shakespeare とArmin によって作り出されたのである。Cloten や彼の斬首による死が、Guiderius の真の王子としての宮廷への帰還やPosthumus の悪徳の排除と浄化の役割を可能とする“dramaturgy”として用いられているということを論証することが本稿の狙いである。
本文を読む

https://setsunan.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=955&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報