Departmental Bulletin Paper 古代アンデス文明と日本人─放送大学特別講義と展示会
Ancient Andean Civilization and Japanese: Special Lecture of the Open University of Japan and the Exhibition in Akita

稲村, 哲也  ,  大貫, 良夫  ,  森下, 矢須之  ,  野内, セサル良郎  ,  阪根, 博  ,  尾塩, 尚  ,  Tetsuya, Inamura  ,  Yoshio, Onuki  ,  Yasuyuki, Morishita  ,  Cesar Yoshiro, Nouchi  ,  Hiroshi, Sakane  ,  Hisashi, Oshio

Description
 1898年に秋田で生まれた天野芳太郎は、30歳のときに中南米にわたって実業家として成功し、後にペルーのリマ市に考古学博物館を創設した人物である。 天野は少年時代から考古学に関心をもっていたが、その関心を決定づけたのは、1935年のマチュピチュ訪問であった。天野はマチュピチュで、そこに住んでいた野内与吉という日本人に出会い、彼の案内で一週間ほどマチュピチュを踏査した。 しかし、第二次世界大戦が始まると、天野は総てを失い、北米の収容所に入れられたあと、日本に送還された。戦後の1951年に再び南米に向かい、ペルーで事業を再開し成功するが、後半生は古代アンデス文明の研究と土器、織物などの考古遺物のコレクションに身を投じ、1964年リマに博物館を設立したのである。 それに先立つ1956年、当時東京大学助教授であった泉靖一がリマで天野芳太郎と出会った。泉はすぐにアンデス研究を始め、調査団を組織し発掘を始めた。最初のコトシュ遺跡の発掘で、アメリカ大陸最古の神殿を発掘した。東京大学はそれ以来アンデスの研究で大きな実績を重ねてきた。 岡山出身の実業家森下精一は、1969年リマで天野芳太郎の博物館を訪問し、古代アンデスの土器や織物のすばらしさに衝撃を受け、中南米の考古遺物を蒐集し、1975年自らも岡山県に博物館を開設した。 筆者らは、放送大学のTV特別講義「古代アンデス文明と日本人」を制作し、2015年秋田でそのテーマの展示会を企画し実現した。本稿では、それらの内容を中心に、日本人による古代アンデス文明研究、その背景としての先人たちの「運命的」な出会い、そして秋田で開催した展示会について論じる。
Full-Text

https://ouj.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8389&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information