紀要論文 単球挙動解析によるエラグ酸の抗動脈硬化作用の細胞工学的検証
Effect of Ellagic Acid on the Monocyte Behavior on Endothelial Cells and Trans-endothelial Migration

片岡, 則之  ,  長野, 隆男

25 ( 2 )  , pp.269 - 279 , 2016
ISSN:0917-4605
NII書誌ID(NCID):AN10375470
内容記述
 現在我が国では,アテローム性動脈硬化症関連疾患が主要な死亡要因になっており,発症メカニズムの解明,ならびに予防法の確立が急務である.これまでの我々を含む多くの研究から,動脈形状に依存した血流状態が血管内皮細胞の障害を引き起こし,病変発生につながることが明らかとなっている.一方,高脂血症や糖尿病,高血圧,喫煙が病変の進行を早める危険因子であることは疑いない.よって,運動や食生活などの生活習慣の改善はその予防に有効である.ところで,ザクロなどの食品に多く含まれるポリフェノールには抗酸化作用やアレルギー抑制作用があることが知られている.ポリフェノールの一種であるエラジタンニンは生体内で直接吸収されず,エラグ酸や腸内細菌により分解された代謝物の形で吸収される.エラグ酸は強力な抗酸化活性を持つことが報告されており,動脈硬化抑制作用を持つことが期待される.本研究では,詳細な単球挙動の観察からエラグ酸の抗動脈硬化作用を検証した.多孔質メンブレンカップ上に内皮細胞を培養し,IL-1βを内皮細胞上に,酸化LDLを内皮細胞下に添加して,培養細胞を用いた動脈硬化モデルを作成し,そこに単球を添加してメンブレン下に浸潤・落下した単球をカウントした.その結果,エラグ酸を添加した群では内皮細胞層を浸潤・メンブレン下に落下した単球が減少した.コラーゲンゲル上に培養した内皮細胞に単球を添加して挙動を実時間で観察した結果,IL-1βおよび酸化LDL を添加した状態での内皮細胞上の単球は非常に活発に遊走し,また一部で内皮下への浸潤も観察された.一方,エラグ酸を加えた場合には,単球の内皮細胞への接着や遊走,浸潤が顕著に抑制された.以上の結果より,エラグ酸を投与した場合には単球の内皮細胞への接着,遊走,浸潤の全てが抑制されることが確認され,エラグ酸は強力な抗動脈硬化作用を持つことが検証できた.
 Atherogenesis is a complex process based on inflammatory responses and cytokines, such as IL-1β and oxidized LDL (oxLDL), which are key mediators for activating endothelial cells. Anyway, Ellagic Acid, hydrolyzed from Ellagitannin which are bioactive polyphenols from the pomegranate, has been shown to have anti-allergic and antiinflammatory effects. Therefore, Ellagic Acid has chemopreventive potential against atherogenesis. We evaluated the effects of Ellagic Acid on monocytes adhesion, migration and dynamics on activated endothelial cells (ECs) with inflammatory cytokine and oxidized LDL. We applied freshly isolated monocytes to IL-1β and/or oxLDL stimulated ECs seed on 6-well PET membrane cell culture inserts with 3-μm pores, and counted the migrated monocytesunderneath EC’s monolayer. In the ECs stimulated with both IL-1β and oxLDL, 21.9% of applied monocytes were migrated into endothelial cell monolayer after 3 hours (6.9%). Ellagic Acid clearly decreased the monocyte transendothelial migration. Moreover, we investigated the monocyte behavior on ECs cultured on collagen gel. Ellagic Acid inhibits not only monocyte trans-endothelial cell migration, but also monocyte adhesion and crawling on ECs. These results suggest that Ellagic Acid has advanced effects on anti-atherogenic response.
本文を読む

https://kwmw.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=14280&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報