Departmental Bulletin Paper しゃがみ込み動作に必要な足関節背屈角度

山崎, 裕司  ,  西村, 裕子  ,  栗山, 裕司  ,  稲岡, 忠勝  ,  平賀, 康嗣  ,  宮崎, 登美子  ,  柏, 智之  ,  片山, 訓博  ,  重島, 晃史

Description
 本研究では,しゃがみ込み動作に必要な足関節背屈角度について検討した.対象は,健常者80名(男性43名,女性37名)である.足関節自動背屈角度と他動背屈角度を測定し,背屈角度としゃがみ込み動作の可否について検討した. しゃがみ込み動作可能群は50名,不可能群は30名であった.自動背屈角度,他動背屈角度は,可能群/不可能群の順に,18.3±4.1度/10.6±4.1度,44.2±6.7度/30.9±6.9度であり,有意差を認めた(p<0.01). 自動,他動背屈角度におけるROC曲線下面積は0.907,0.908であり,しゃがみ込み動作の可否を判別することが可能な指標であった.感度と特異度の和が最も高くなる自動他動背屈角度は14.3度,36.5度であった.しゃがみ込み動作の自立のためには,この程度の背屈角度が必要なものと考えられた.
Full-Text

https://kochireha.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=294&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information