紀要論文 行動分析学的な視点に基づいた子どもの運動発達について
Motor development in children on a view of behavior analysis

重島, 晃史  ,  山崎, 裕司

内容記述
子どもの運動発達は一般的に運動や姿勢の変化が生じる時期について示されることが多く,子どもを取り巻く環境との相互作用から述べられることは少ない.本論文では環境が運動発達に及ぼす影響について種々の先行研究を取り上げ,行動分析学的な観点から運動発達を論じた. 生後数ヶ月の乳児は自分の足蹴り動作に伴って玩具が動くことを知ると,足蹴り動作の頻度を増加させる.この結果は,乳児が環境の変化を認識し,環境からの刺激によって行動を変化させ得ることを示している.また,一般的に自動歩行が消失する生後ヶ月以降からヶ月までの間は足踏みが認められないとされてきた.しかし,乳児の体幹と下肢を水中に沈めたところ,交互の足踏みが出現した.この結果は浮力によって足踏み運動の難易度が低くなった結果,足踏み行動が生じるようになったと解釈できる. 環境から与える刺激によって乳児の行動をコントロールできるという事実は,言語の無い乳児期における小児リハビリテーションの可能性を広げるであろう.
本文を読む

https://kochireha.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=242&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報