Departmental Bulletin Paper 保育園児の摂食機能発達のための食育活動とその評価

池谷, 真梨子  ,  柳沢, 幸江

Description
 乳幼児期において摂食機能に関わる問題は多くあげられている。また保育所での食育活動の重要性が高まっていることから、保育所において園児の摂食機能発達のためのいくつかの食育活動を行い、園児の摂食機能に関わる食行動の変化について調査した。加えて、「噛まない」「吸い食べ」「飲み込まない」料理の特徴についても検討した。摂食機能発達のための食育活動として園児への働きかけではなく、保育士と栄養士による多職種連携による働きかけや、家庭への働きかけを行った結果、園児の摂食機能に関する食行動の発達が促された。また、「噛まない」「吸い食べ」「飲み込まない」料理は主菜で多く、「噛まない」料理は肉を使用した料理に多くみられた。以上より、園児の摂食機能発達を促すためには保育所内における多職種連携や家庭への働きかけが重要であるとともに、調理形態に配慮することの必要性が示唆された。
Full-Text

https://wayo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1573&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information