Departmental Bulletin Paper 和服構成における長襦袢が着装容姿に及ぼす影響について

伊藤, 瑞香  ,  山口, 直子  ,  内田, 彩子

Description
 和服を美しく簡単に着装できることをテーマに、和服(主として長着)の仕立て上がり寸法および縫製方法が、着装容姿や着崩れにどのような影響が生じるのか研究を進めてきた。 本稿では、昨今の女性の体型に見られる、胸囲がL、腰囲がMサイズの体型について検討することとした。長着は胸幅(抱幅ではなく剣先位置からの横幅とする)を広くした袷長着を製作し、その長着に適合する長襦袢の寸法、特に前幅寸法の違いによる着装容姿の状態を観察するため、長襦袢の下衿つけ線を移動させて2種類の試作衣を製作し着装実験を試みた。結果として前幅を広くした試作衣が、衿を喉のくぼみに合わせるとした若い人に相応しい衿あわせの形を創りやすく、動作後の長着の着崩れに与える影響もごくわずかであることが確認できた。もう一方の前幅の狭い試作衣は衿元に影響するのではなく、身頃の特に前面のお端折り部分に影響が生じていることがわかった。
Full-Text

https://wayo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1418&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information