紀要論文 GLM(General Linear Model)によるパラメトリック的統計解析の統一的理解(1)

髙梨, 一彦

内容記述
 パラメトリックな多変量の統計解析において用いられている(重)回帰分析や分散分析法等は、基本的な解析方法であると同時にコンピュータの利用が必須である。これらの方法は、従来、それぞれ別個の手法と考えられて教育上もそのように扱われてきている。しかしながら近年は理論的な枠組みも統一的かつ一般的になってきて、これらの方法をより一般性の高いものから考察しようという動きがある。それがGLM(General Linear Model;一般線型モデル)である。本研究では、GLMの理論的な枠組みを外国文献ならびに邦文文献によって、統計学上の理論をまとめ、統計パッケージソフトによる分析手順の違いを示した。
本文を読む

https://wayo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1417&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報